株式会社 黒田幸水産

株式会社 黒田幸水産

「魚・さかな・Fish」を心から大切に思う 私たち黒田幸水産のスタッフが 大切なお客様に 努力と真心を重ねて「魚・さかな・Fish」をお届けします。

「海・湖・川・生け簀・山・大地」の恵みを 大切なお客様にお届けします。

自然のきびしい環境で懸命に活きてきた旬なものたちを一番美味しい
タイミングで 大切なお客様にお届けします。

INFORMATION

となりの人間国宝さん

実は・・・

先日、取材がありました。
番組名はよ~いドン!となりの人間国宝さんのコーナー!

 ええ。私は映っていませんよ。
ですがこの告知記事書かないといつ書くの?
と言われそうなのでせめて取材と放映日の告知を。

肝心の放映日は・・・明日!11月17日!!
ん?1と!の繰り返しで分かりにくかったですか?11月17日です!

さて。内容はどんな感じになっているのか?
分かりません。もしかすると社長の意外な一面が見れるかも?

この記事を書いている私としては映りたかった(笑)
ですが巡らす思いはあります。
普段場内では、年末を除き一般の新しいお客様にお会いする機会が
多くありません。私も働き始めるまで近寄り難い場所でもありました。
今回、せっかくテレビが入りました
どんな雰囲気なのかな~とか
毎朝スーパーで見る魚はここからなのかな~とか
今日の居酒屋で出てきた魚は~とか
いろいろ楽しめ知っていただけると幸いです。

そして、そんな編集になってて欲しいと願うMr.欲望の塊でした。

よ~いドン!は関西テレビにて11月17日 9時50分からの放映です。

 

岩牡蠣入荷!!

天然 岩ガキ大サイズ

愛媛県産・三重県 浦村 各地の岩ガキを厳選してご提案します。

実入りも良くたっぷりミルキーな牡蠣です(試食済み)

 

1個 500円!!

旬トピック!!ミナミマグロ!!

ニュージーランドから2016/2017天然ミナミマグロシーズンの
「初荷」が黒田幸に入荷しました❗️
今シーズンも魚の内容は ‼︎‼︎‼︎カ ン ぺ キ‼︎‼︎‼︎
幸先の良いスタートで、昨年同様12月迄本格派の天然マグロをお届け出来る予感しています。
本日は、梅雨らしい天気で、お客様の足が鈍る中 「本物志向」にぴったりのマグロをご提案します。
魚体重  69.7キロ
体長166センチ
鮮度 抜群❗️脂のり 極上❗️身の質 最高❗️三拍子揃った天然ミナミマグロです。
腹カマ下ブロック 約2キロ(セラ水滅菌真空包装)@13,000/kg
腹中ヘソ・背真ん中 約1.5キロ(セラ水滅菌真空包装)@8,500/kg
背・腹ヘソ下約1キロ (セラ水滅菌真空包装)@6,500/kg
背・腹の尾の部位 約1〜1.5キロ (セラ水滅菌真空包装)@3,300/kg

冷凍まぐろとは~技術~

日進月歩。技術、テクノロジー、サイエンス。身の回りの小さなことから大きな事まで。

一つを取ればおかげで美味しいものを食べることが出来ます。

冷凍食品も多種多様な製品がありますが、きっとその裏には大きな技術革新があるのでしょう。

冷凍まぐろもそんな恩恵を受けて美味しい状態で皆さんの元に届く事ができるのです。

マグロの獲れるところは様々です。また、範囲も広大で1本釣り上げたから港に帰ろう。んー入港するのは1ヶ月後か。なんてこともあります。

通常は長期間で300~700tクラスの船を満杯にして帰港します。

そんな大量のマグロの鮮度を落とさず簡単に運ぶために、船凍します。船の上で獲れたマグロのハラを抜き-60℃で急速凍結させます。そして-60℃で保存し港へ鮮度保持したまま着くのです。

そんな温度を実現させる技術とはすごいものです。

-60℃はどんな世界か想像つきますか??

簡単に言います。バナナで釘が打てる非日常な世界です。

もちろん、マグロの赤身でも釘が打てるようになります。

 

何故-60℃なのか?は次回で。

ホタルイカはじめました

ホタルイカ。春の訪れを感じさせてくれるホタルイカ。

ホタルイカ始めました~。とでも言っておきます。

この時期、取り扱う量がうなぎ上りになる商品です。

とにかくホタルイカはよく出ます。

あなたが出かけた先でホタルイカが盛り込まれたメニューが増えたりしていませんか??

2016年下旬になりましたが、ここで本年度の抱負を。

”現場からネットから皆様においしい発見をしていただく”
そんな抱負を2016年に抱いております。

ここで1つプチ雑学を。。。
今まで""を食べたことのある方は多いはず。
皆さんはどんな食べ方をした事がありますか?

カニ鍋、カニコロッケ、カニと何ちゃらのパスタ、沈黙の中で身をほじくり出して、カニ味噌の・・・
などなど挙げればキリがありません。

ですが、1つだけ蟹の食べ方には共通点があるんです。
それは何か。


そう、"火を通す"なんです。


これは世界共通です。
世界中で蟹に火を通して食べているのです。

ただ、1つの地域では生の蟹を食べるというジャンルを有しています。
世界中で1か所だけ。なんて聞くと秘境をイメージするかもしれませんが、皆さんが知っている地域です。

すんなり言います。関西圏です。

 

例えば他の地域ではカニ鍋にしても基本的にボイルした蟹が並べられるのに対し、
関西圏では生の状態で並べられる事があります。生で食べても鍋にしてもいいよ。
2度味わえるよ。ってな具合で。

当然な事ですが生で食べるには鮮度も重要です。
最高の鮮度を保つために獲ってすぐ船の上で凍らせた船凍カニなどもあります。
生の蟹は色がとても変わりやすいのできれいな蟹を食べるには品質管理がモノを言います。
そんな厳重な管理下食べられる生蟹は口に入れた時には蟹がとろけるんです。
鼻まで蟹の旨味が突き抜けます。一度味わって頂きたいシロモノです。

 

これは1つの例ですが、日本だけでも。ましてや世界中にはまだまだ触れ合いにくいがおいしい食べ物がたくさんあるのだと思います。

そんな食品、主に水産物に関してこの黒田幸水産より現場のみならずネットショップの拡充に力を入れ、皆様に触れ合っていただけるよう努力してまいります。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

日刊水産経済新聞に掲載されました。

黒田幸水産の「セラ水」が、日刊水産経済新聞に掲載されました。

2014年2月に開催されたシーフードショー大阪に出展する際に、取材を受け記事に取り上げられたのがきっかけで今回はその後の追跡取材ということで、「セラ水」の実績と今後の需要についてお答えさせていただきました。

これから、空気が乾燥し菌・ウィルス等が人体や食べ物に付着しやすくなる季節を迎えます。そんな時季に「セラ水」が効果的です!是非この機会に「除菌・消臭」の効果をお試しください。

お求めは クリック買い物市場で!!

10月7日 日刊水産経済新聞 3面 

2014年 秋 到来!旬な奴達が続々登場する季節になりました。

2014年”秋”一番乗りの旬な奴は、北海道の厚岸湾に位置する仙鳳趾の牡蠣!潮流が強く一年中水温も低く安定していることで牡蠣が育つには最も適した場所と言われています。アイヌ語で「チェプ・ポプ・ウシ」と呼び、{魚が沸き立つところ}という意味だそうです。 う~ん なるほど!

 

続きまして秋を代表する旬な奴は、やっぱりなんといっても文字通り、”秋刀魚”でしょう。2014年度の秋刀魚漁は、8月には日本近海への来遊が遅れ漁況も低調でしたが、9月に入り上向いてきました。漁期を通して、大型魚の割合が多く水揚げされています。価格も平年並みで推移していますので、一尾単価が安いため200グラムUPの秋刀魚に人気が集中します。

 

 こちらは、復活の”はも”いわゆる”落ち鱧”です。鱧は夏に旬を迎えますが、それは、梅雨時期に降った雨が、山の栄養を含み、川をつたいプランクトンを豊富に含んだ水が海に流れ、産卵を迎えた鱧が栄養を取ることで美味しく旬を迎えることから夏の鱧と重宝されていますが、実は、この産卵後の晩夏から晩秋にかけても、秋雨前線の影響などで雨が降り再び栄養素たっぷりの水が海に注がれることで”落ち鱧”が旺盛な食欲を見たし、タップリと身が肥え、脂のりも良くなってくるのです。旬な松茸との土瓶蒸しも良いですが、やはり500~800グラムサイズを玉ねぎ・三つ葉と三品の”鱧すき”も旬なお鍋としてお勧めです。

 

 旬な秋の真打登場です戻りカツオ”春に黒潮の北上と共に南方沖から太平洋を北上していたカツオが、餌を求めて南下すところを宮城県や千葉県おきで漁獲されたカツオは脂のりが良く、色目が少々ボケても”たたき”にすることでより脂の旨味が引き出され旬な”旨い奴”に変身します。一昨年から、カツオを漁に変化があり、これまで大量に漁獲可能な巻き網漁船を厳選し本来の”釣り漁法”にシフトしています。これは資源保護の観点から一網打尽に漁獲する漁法を控えることにしているからです。そのため、これまでにあった豊漁に伴う相場の値崩れが無くなり、現状は安定した適正な価格で流通しています。

2014年度初荷の殻つき仙鳳趾牡蠣
北海道産 1尾あたり約200グラム
兵庫県淡路島 沼島の落ち鱧
宮城県沖のカツオ一本釣り

来場者分析による「商社・卸売業・流通業部門」で堂々の第5位

2014年2月に開催された第11回シーフードショー大阪の開催レポートが手元に届きましたのでご報告いたします。

実は、このレポート5月の初旬に開催事務局より送付されていましたが、業務に追われ未開封のまま放置しておりました。”セラ水”の資料を整理しているときに発見し、初めて開封した次第です。

 

ージをパラパラとめくっていますと弊社の名が、”黒田幸水産”の文字がランキング表に乗っているではありませんか、よく見ると、来場者の方の印象に残った企業で、総合ランキング第14位(生まぐろ除菌処理済真空包装加工)となっていました。

 

来場者分析によると「通信販売業」部門では第11位・「商社・卸売業・流通業」部門ではなんと!第5位に選んでいただいておりました。初出展の黒田幸水産にとってなんと喜ばしいことでしょう。

 

これを糧に2015年2月開催予定の第12回の出展に向けて一層の新規開発に企業努力を重ねていく決意を新たにしました。関係各位におかれましてはよろしくご指導を頂きますようお願い申し上げます。

日本海にクロマグロがやって来た!

毎年、6月を迎えると産卵を迎えたクロマグロは日本海を北上します。

この時期、日本海の西から北まで広い範囲で巻き網漁が活気を増します。また、岸に近い海域では定置網が施網され、新潟県佐渡や青森県深浦港などで水揚げが活気を増します。

今年度は、6月2日に能登沖で初漁が有り例年より4日早い水揚げとなりました。

西日本の水産ニュースです。こちら

春の桜えび漁が順調な水揚げ

年に2回の解禁漁である駿河湾の桜えび漁が、解禁から二潮でようやく順調な水揚げが望めるようになりました。
2014年春漁は、桜の咲いている時期には水揚げが無く梅雨を迎えた今頃になってようやく落ち着きを見せました。ずいぶん海の中は時節がずれている模様です。
とは言え、やはり日本は旬が大事!この時期にしか味わえないものを旬なタイミングで食べたいと思うのが、日本に住む人たちの当然の”食欲” 
是非この”旬なもの達”を旬なタイミングでメニュー提案してください。

駿河湾油比港☛ 

完全養殖マグロ”天空まぐろ”の取り扱いを始めました。

今、話題の近畿大学完全養殖マグロ”天空まぐろ”の取り扱いを開始致しました。
”天空まぐろ”とは熊本県天草にて、近畿大学による生産の、人口ふ化種苗から完全に養殖されたマグロです。
天然の稚魚を生簀で育てる通常の養殖とは異なり、枯渇が懸念されている天然まぐろに一切の影響を与えないものです。
黒田幸水産は、この資源管理に配慮した生産を手掛けるブリミー社を、信頼し取り扱いを確定しました。安全・安心な品質基準に沿った生産による完全養殖まぐろを、”旬なタイミング”でお取引先様にご提供いたします。
詳しくはブリミー社のwebで!

大阪版食の安心安全認証施設の認定取得!

”大阪版”食の安心安全認証制度に申請し、検査を受けたところ無事、認定基準をクリアすることが出来大阪府より認証を頂きました。

中央卸売市場内での認定は初認定という事でしたが、生鮮魚介類を加工する物として誇りに思う一方、責任の重さを感じるところであります。

消費される方から見え難い所で業務を営む者として、自主的な衛生管理への取り組みに対する努力を続けて来た事が、評価されたものと感謝いたしております。

今後は、衛生管理をさらに強化し美味いもん・旬なもんを通じて”安心安全な食つくり”をモットーに精進してまいりますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

巨大カンパチ入荷

2014年2月28日午前7時 一報が入ったのは高知県宿毛漁港からでした。弊社マグロ担当の勝山祐希が、すかさず”入札依頼”&”落札”
しかし、落札したのはマグロではなく”カンパチ”でした。それもただのカンパチではありませんでした。なな 何と!!!44.3Kg の巨大カンパチでした。この時期宿毛では珍しいことではなく、例年このような大きなサイズから10Kgサイズのものが水揚げされるそうです。但し今年は少々水揚げ量が多いとか。
本日3月1日に入荷しショウケースに陳列しました。画像の通りレギュラーサイズのカンパチとのツーショット をご覧ください。
早速三枚卸しに・・・いやいや五枚卸しでした。もはやマグロ状態です。解体時には、ギャラリーも多くいらっしゃいました。
これほど大きくなると魚としての評価は如何なものかと心配するも、なな何と!しっかり脂がのって、身の質もすごく粘りが有りよい状態でした。ただ、魚が若いので2~3日熟成させてからの販売と思いきや、高級鮨店・高級鮮魚店様が景気づけにと仕入れてくださいました。上得意先様には週明けにも”店長さ~ん”情報にてご提案させていただきますのでお楽しみに!





第11回シーフードショー大阪 ご来場御礼

初めての出展にもかかわらず、130社約180名の方がブースに足を運んでくださりました。感激!感謝感謝でした。
「マグロ問屋が除菌の為の水を展示する」何やら、怪しい気配がするブースに本当にたくさんな方にお越しいただき、有難いこと と思いご来場者の方はもちろん、ご協力いただいたすべての皆様に感謝いたしております。
 なかでも、やはり外食・中食関係の方が多く、ノロウィルス等に対する”目に見えない敵”の攻略に手を焼いておられる様子が覗えました。
そうした方の為に少しでもお役に立てれば幸いに感じこれからも、”セラ水” の普及に努力してまいります。

セラ水販売記念イベント

「シーフードショー大阪」に出展
2014年2月20日・21日 ATCホール
セラ水を販売するに当たり記念イベントとしてシーフードショー大阪に出展する事となりました。
日刊水産新聞の取材を受けたことが、2月19日発刊に記事として掲載されました。

ご来場 御礼

第11回シーフードショー大阪での弊社出展ブースにご来場頂き誠に有り難う御座いました。ここに厚く御礼申し上げます。
初めての出展にも関わりませず、本当にたくさんの方のご来場を頂き感謝しております。
スタッフ一同これまで以上に日々努力してまいりますので、今後ともよろしくお引き立てくださいますようお願い申し上げます。

第11回シーフードショー大阪 出展決定

黒田幸水産の衛生作業場が稼働して二年を迎えるに当たり、記念事業としてシーフードショーに出展する事となりました。
株式会社マッキンリー様の”CELA水" 販売許可を取得したことで、既存お取引先様はもちろん水産関係以外の”CELS水”での新規のお取引先様との新たな”ご縁”が結ばれるよう、広く”CELA水”を知っていただく良い機会になればと願っております。

食育活動

黒田幸水産のソムリエの一人勝山祐希がこの度、大阪市東部市場主催の初の開催となる「東住吉区食育フェスタ2014」において、生鮮本マグロの解体実演”や”魚の目利き”についての講演をいたします。
詳しくはこちら 東部市場食育

師走です!

今年もついに、2014年のウントダウンが始まりました。

年末・年始の美味しい”旬なもの達”のご用意はいかがですか?

黒田幸水産の”お魚ソムリエ”が年末・年始の特別食材を吟味し、ご提供いたします。

お客様の年末年始食材調達の、お手伝いをいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

もちろん個人仕入れ分もお受けいたします。 

まだまだ続く太平洋東沖漁場における天然メバチ鮪延縄漁

太平洋東沖漁場での天然メバチ鮪の延縄漁が、依然として好漁です。海水温もようやく下がり始め餌喰いも良くなったのか、脂のりも良くなって来ました。
水揚げ場は断然宮城県が多いのですが、紀州勝浦港の水揚げも増えてきました。
このまま年末まで、続くとお正月商戦を控えた販売店様には良い商材となるのですが・・・・・
何しろ、相手は天然ものの”旬なものたち”です、いつ入荷が途切れても文句は言えません。ただただ入荷を祈るのみです。

日本海の冬がやって来ました!松葉ガニ・せこがに

11月6日が松葉ガニ漁の解禁日です。

東部市場には、7日木曜日に初荷の入荷がありました。
相場は、昨年より高値もあるもの漁模様が順調であるため、総じてあつかい易い卸価格になりそうです。  
一方、太平洋側では、桜えびの秋漁が10月27日解禁予定がたて続きの台風の影響で延期となりこちらも11月6日の解禁となりました。

生鮮物が入荷するのは、数日間で、この時期に来春までの納品分を急速凍結し冷凍保管します。     

10杯立てのボイルせこがに 浜坂産
500グラムパックされた生鮮桜えび

天然生鮮メバチマグロ

宮城県大船渡・気仙沼漁港では、太平洋東沖漁場で操業された、生鮮メバチマグロ(天然もの)の水揚げが活発になってきました。




毎年この時期になると、東沖漁場のメバチマグロは身が締り、脂のりも良くなります。


漁期は、その年によって変わりますが概ね12月中旬で終漁を迎え、年末年始の需要期に水揚げが無いことが惜しまれます。


美味しい時季それが”旬”なので今、この旬な時に是非品揃えをお勧めします。
競り場に上場されているメバチマグロ
解体し磨き上げた腹ブロック 脂のり抜群
解体し磨き上げた背ブロック 程よい脂

脂ののった真鯖

台風の影響で太平洋の南方から北上して来た真鯖が今週に入り、 三重・神奈川・千葉の各県で潤沢な水揚げが有り相場を下げています。

この時期の真鯖は脂のりも上々で〆サバに最適です。

少し多めに仕入れてフィーレ加工し”凍結保存” 格安仕入れで利益増!

      
    

長い間、更新せずに申し訳ございませんでした。

昨年の10月から、当ホームページの更新が途絶えておりました事、深くお詫び申し上げます。

実のところ、昨年末よりDeNAショッピングモールへの出店を決めたのは良いものの、準備と年末年始の中央市場業務とでドタバタしている内に2015年を迎えことになりました。

新年を迎えたとたんに、”セラ水” 広告の為のシーフードショー大阪出展準備が始まってしまい、ホームページを更新出来ずに今日に至ってしまいました。

旬な秋刀魚の始まり

到来!

お待たせしました!

三陸 大船渡に秋刀魚水揚げ!!

9月末に大船渡漁港水揚げの”秋刀魚”を検品に行ってまいりました。

三陸の海に秋刀魚が湧きはじめた瞬間でした。
豪快な水揚げ風景と鮮度抜群の秋刀魚に圧倒されました

新鮮さあふれる港の香りを”秋刀魚”に詰め込み大切な皆様にお届けします。
   


    

sate.

74.4kg 養殖生本まぐろ 入荷

本日、メキシコ産 養殖生本まぐろ 入荷しました。

重さ74.4kg、長さ140㎝オーバーの少し迫力ある原体です。

CONTACT

PAGE
TOP